高血圧予防

耐性乳酸菌

耐性乳酸菌とは、どの様なものになるのでしょうか。
それは、薬になります。
主に下痢の薬として使われることが多いかと思います。

効果は、腸内の有害な細菌を死滅させる効果があります。
その他には、増殖させるのを防ぐ効果があります。
そして、副作用が少ない事もあるため各種下痢の治療に使用されることがあります。
このように、消化器系や活性細菌剤などに乳酸菌は使用されることがあります。

簡単に言うと、耐性乳酸菌は抗生物質によって排除されてしまう事があります。
そのため、善玉菌を補うための乳酸菌になります。
そのため、頑張って溜めていた善玉菌も抗生物質によってすぐに排除されることになります。
では、抗生物質によって善玉菌が排除されることになるのでしょうか。

抗生物質の働きは、病原菌をやっつけるだけでなく増殖を抑制する効果もあります。
また、抗生物質は中にある病原菌や善玉菌も一掃されてしまいます。
そのため、抗生物質を摂取すると栄養素も逃げてしまう事になります。
しかし、善玉菌でも抗生物質の効果がない場合があります。

その時には、耐性乳酸菌を摂取する時は医師の指示に従うようにしてください。
また、食事の制限も行う事もありますのでそこは病気を治すまでの我慢と思って従うようにしてください。

このページの先頭へ