高血圧予防

植物性乳酸菌について

乳酸菌は、ヨーグルトやチーズなどの乳製品http://www.shikake-ehon.jp/kin_004.htmlだけに含まれていると思われている方が多いと思いますが、実はそれ以外にも多くの食べ物に含まれています。
それは、乳製品だけでなく植物性の乳酸菌があります。
例えば、漬物類やお米を原料とされている日本酒や醤油、味噌などにも含まれています。

これらは、動物性の乳酸菌ではありません。
植物性のものになります。
このように乳製品以外にもさまざまな食べ物に多く含まれています。

この植物性の乳酸菌の特徴は、他の乳酸菌と共存する働きがあることです。
そのため、胃酸などによって分解される事はありません。
この事が動物性のものとの大きな違いになります。

植物性の乳酸菌は、簡単に分解がされないため生きたまま腸に運ぶことが出来ます。
では、分解された乳酸菌と生きたままの乳酸菌にはどの様な違いがあるのでしょうか。

それは、腸内で分解されないまま働くため動物性のものと比較を行うと10倍ほどの違いがあります。
そのため、腸内の環境を整える効果が非常に高いと言えます。
動物性のものと比較すると植物性のものの方が活発に腸の環境を整える効果があります。
そのため、便秘や下痢の解消を行うには、植物性の乳酸菌により大きな効果があると言われています。

このページの先頭へ