高血圧予防

殺菌された乳酸菌について

乳製品の中には、殺菌された乳酸菌が使用されていることがあります。
それは、乳酸菌を加熱したり殺菌してしまうと通常は、死んでしまいますが近年の殺菌技術などの発展により殺菌処理を行っても死なない乳酸菌が増えてきています。
乳酸菌が含まれている多くの飲料や食物については殺菌処理や加熱処理を行っている物がほとんどになります。
しかし、死んだ乳酸菌は善玉菌の餌となる事があります。

そのため、死んだ乳酸菌でも効果があると言われています。
この事は、研究で証明されています。
なので、死んだ乳酸菌は腸の環境を整える効果http://www.williapps.com/kyuusyuuryouku.htmlはあります。

なので、殺菌は死滅で効果がないという事ではありません。
最近は、殺菌処理を行っても生きたまま乳酸菌を届けるように工夫がされています。

それは、サプリメントや乳酸飲料に殺菌処理が多く使われています。
また、腸に現れる効果については変化はありませんので安心してください。
また、死滅した乳酸菌は体に吸収されやすいと言われています。
菌は、死にますが菌の効果についてはなくなる事はありません。

殺菌された乳酸菌は、体に効果がないと言われることはありません。
殺菌処理が行われていても継続して摂取していく事が大切になります。

このページの先頭へ