高血圧予防

乳酸菌は生きて腸まで届くのか

乳酸菌の健康効果は、便秘や下痢に効果があると言われています。
それは、便秘や下痢の解消に役に立つと言われています。
しかし乳酸菌なら何でもいいのかと言うとそうでもありません。

乳酸菌ならブロバイオティクス効果を得る事が出来ます。
そういった効果を得るには、生きたまま乳酸菌を腸に届けることが必要になります。
乳酸菌には、動物性と植物性があります。
腸にまで生きた乳酸菌が届くのは、植物性の乳酸菌になります。

植物性の場合は、生きたまま届くことが出来ます。
それは、胃酸の中でも生き抜くことが出来るからです。
酸やアルカリにも強いと言われているのです。
動物性の乳酸菌より植物性のものの方が過酷な環境でも生き抜くことが出来ます。

そして、腸にまで届くと腸内に住みつく乳酸菌になります。
このようにして、ビフィス菌を増やして大腸菌のなどの悪玉菌をやっつける効果があります。
腸内で善玉菌が優勢になると、腸の機能が高くなります。
そうする事で、消化吸収が促進されます。

その結果、便秘や下痢の改善http://mikeywelshblog.com/bennpi.htmlにつながります。
他には、漬物などにも植物性の乳酸菌が含まれます。
そして、植物繊維の摂取量が増える事も1つの特徴になります。

漬け込む事で、野菜の水分が抜けます。
そのため、サラダなどで摂取するとたくさんの野菜を食べる事が出来ます。

このページの先頭へ