高血圧予防

動物性乳酸菌について

乳酸菌には、動物性の乳酸菌と植物性の乳酸菌の2種類があります。
今回は、動物性の乳酸菌について、ご説明をします。

主に乳製品に含まれているのが動物性の乳酸菌になります。
乳製品とはご存知のとおり、チーズやヨーグルト、ミルクになります。
この動物性の特徴は、植物性のものとは全く違います。

それは、他の細菌とは共存しません。
単独で、生きている乳酸菌になります。
そのため、乳酸菌自体の体力は低いと言われています。

ですから、動物性のものは生きたまま腸内に届かずに分解されてしまいます。
動物性は、生きたまま腸に届かないのでは意味がないのではと思われる方がいるかと思いますが、動物性は私たちの生活に欠かせないものになります。
では、どの様な役割を行うのかと言うと、植物性のものを活発にさせる効果があります。
要するに、植物性の乳酸菌の餌になって植物性の乳酸菌の働きを活発化すると言われています。

そして、植物性のものと違うのは動物性の乳酸菌は単独で生きることができます。
そのため、分解されたままでも直接腸内を刺激して免疫機能を活発にする効果があるとも言われています。
このように動物性のものには、このような効果があると言われています。
動物性乳酸菌を摂取するタイミングは、食後が良いと言われています。
何も食べていない状態は、最も胃酸が強いので何かしら口にしてから摂ることをおすすめします。

このページの先頭へ