高血圧予防

「EF乳酸菌」とは

乳酸菌にもたくさんの種類があります。
乳酸菌の1種のEF乳酸菌について、ご説明をします。
EF乳酸菌は、免疫力を作用する働きがあります。

そして、白血球の栄養分として優れた力を持っています。
そして、体本来の防御機能である免疫力を高める働きをしています。
健康な人は、腸内に多く存在しています。

そして、丸い球菌形態をしています。
白血球に作用する力は、乳酸菌の数ある種類の中でも随一の作用性を持っています。
免疫力が高くなると悪性の腫瘍の原因となるものの抑制に効果があります。
そのようにして、乳酸菌は体の健康を維持していきます。

またC型肝炎などの治療にも用いられています。
それは、インターフェロンになりますが副作用が発生する事がありますので、注意してください。
このインターフェロンは、通常体内で作る事が出来ますが病気となると通常の量では足りないと思います。

このEF乳酸菌は、そのインターフェロンを作り出すのを助ける効果があります。
通常の感染症の予防にも白血球は働いている事が大切な事になるかと思います。
EF乳酸菌は免疫力を高めるだけでなく、腸内の環境を整える働きもします。

そして、白血球にも効果があります。
このようにEF乳酸菌は、免疫を高めるだけでなく腸内の環境を整えるという働きもあります。

このページの先頭へ